海外では当たり前とされる、アンダーヘアのお手入れ。

 

日本では、脇や足の脱毛は常識・・・

なのに、アンダーヘアに関してのお手入れを要としない文化に私自身ずっと疑問を感じていました。

『脇はボーボー×、アンダーはボーボー○、なぜだ??』

 

下着好きが高じ、インポートランジュリーに目覚めたものの、面積が小さい!

『頑張って買ったお洒落な高級ランジュリーも毛のせいで台無しだ;;』

 

脱毛に目覚め、勿論永久脱毛(光・レーザー)のメニューにVIOもお願いしたのだが、感想として、VIOは2年通っても正直満足いくものにならなかった。

 

詳しく話すとV=ビキニゾーンはよく反応してくれ満足いく面積にはなったけれど、I・Oゾーンは粘膜が近いのでレーザーを当ててもらえなかったり(火傷の危険があるそう)、産毛のような細い柔らかい毛には反応しない為、一向に無くならない。

 

レーザー脱毛に行く前日は毛を剃っていかなければなりません。

そして次回施術は3ヶ月後、そのペースで2年間通い続けるのだ。

それまでは剃り続けなければいけないのが現状・・さすがに辛いです。

何より、自称痛みにとても強い(美の為なら)私ですら、部位によって我慢ならぬ痛みに耐えられなかった。

 

そこで出逢ったのが、ブラジリアンワックス!

 

仕事でよく東京へ行くので、その機会に自分で下調べをし施術してもらったのがお初wax。

最初は経験したことのない痛みに多少ビックリしたものの、古い角質も一緒に除去出来るので、赤ちゃんの肌のように無毛&スベスベ!

 

『感動、感激!!今まで何年も、もちょもちょしていたのは何だったんだ?!』

しかも、剃らずにサロンへ行き、無毛が1週間近く続く。

次に生えてくる毛は、私の場合最初からチクチクせず、こころなしか柔らかくなっていた。

 

この感動を、まだワックス脱毛が未開拓な札幌で、

「アンダーヘアの脱毛ってどうするのが一番ベストなの?」

「レーザや光永久脱毛で無くならなかったボディの産毛達、この処理はどうにもならないの?」

と悩んでいる方へ、また漠然と、「皆、毛の処理ってどうしてるの?」と疑問を抱きながらも、間違った処理(剃ることや、個人でのワックス脱毛、脱色・・・)を何年もし続けている方へ、こんな方法もあるんですよ!ってことを教えたいんです。

 

今、”ブラジリアンワックス”という愛称で、テレビや雑誌で話題に上がっているワックス脱毛。

 

少しでも多くの方に知って頂き、毛に悩み・処理に困っている方、女性としての身嗜みを考えている方に、(日本では)新しい脱毛法があるということを知っていただきたいと思っています。

きっと満足していただける手段の1つだと思い、salon ZIZIを始めました♥

 

少し宗教めいた感じに熱くなってしまいましたが、私はレーザー・光脱毛を否定しているわけでもなく、無処理で自然派な方を非難しているわけでももないんです。

私自身が感動した素晴らしいものを、身近な人から教えてあげたくて・・

ただただそんな気持ちで、ワックス脱毛を勉強し、認定書を取得&サロン開業に至りました。

 

ちょっとでも興味のある方は、気軽な気持ちでトライしていただきたく思っています♥

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">